ぶんたのそぞろある記から独立移転しました。

新規作成したのがGA4だったので後にUAを追加した例

GA4導入促進メッセージ

いつの頃からかGoogleアナリティクス画面の上部に「Google アナリティクス4プロパティに切り替えましょう」という意味のメッセージが表示されるようになりました。おまけに設定を促す「開始」のボタンまであります。

従来のユニバーサルアナリティクス(UA)は来年の7月からは使えなくなるというので、上記の「開始」ボタンをクリックしてアナリティクス4を設定したのですが…。

UAとGA4は併用できる

説明において文字列が長くなるため、場所によっては
 ・ユニバーサルアナリティクス ⇨ UA
 ・Googleアナリティクス4 ⇨ GA4
と略して表記しています。

しかし私にはそもそも解析などはさっぱり理解できないですし、ユーザーやセッション、直帰率などが簡単に分かればいいだけなので、この新しいGoogle アナリティクス4(GA4)は私にはまだまだ使いにくいのです。

GA4はUAに対するアップグレードというものではなく併用できるということなので、改めてUAも再設定したのです。

こうしてUAを期限まで使用しつつ、GA4については少しずつ学習していこうと思います。

なおGoogle アナリティクス4(GA4)は過去にさかのぼってデータを得られないので、来年の7月までは使用するつもりが無くても、早めに作成してデータは貯め込んでおいた方が良いようです。

アナリティクスの設定作業

ここでは追加の話をしますが、初めての導入の場合はGoogleアナリティクスのアカウントが必要です。

下記リンクからアクセスし「無料で利用する」をクリックします。

うっかりするとGA4のみでプロパティを作ってしまう

最近作ったサブドメインにアナリティクスを設定(つまり新規)したところ、GA4のみでプロパティを作ってしまいました。途中の「詳細オプション」に選択肢があったのですが気が付かずストレートに進んだ結果です。

そのため後になってからUAを追加作成しGA4と併用しています。

GA4にUAを追加する際に忘れないように手順をメモしていたのですが、この逆あるいは両方を一緒に作成する場合も手順は同じです。(下記手順STEP2及びSTEP3の詳細オプションにご注意ください)

ここでは実際にGA4にUAを追加した例でお伝えしたいと思います。

ユニバーサルアナリティクス(UA)の追加

STEP
GoogleアナリティクスのTOP画面から「管理」を開く

UAを設定するためのプロパティが新たに必要なので「+プロパティを作成」をクリックします。

プロパティを追加作成する
STEP
プロパティを作成する

「プロパティを作成」の画面に変わるので、プロパティ名、タイムゾーン、通貨を設定します。

なおプロパティ名はサイトの名前が分かりやすいのですが、既に使っているので区別できるように最後「-UA」とでもつけておきましょう。

プロパティを設定する

うっかり「次へ」ボタンをクリックすると、GA4(のみ)の作成に進んでしまいます。

ここではユニバーサルアナリティクス(UA)を作成するのですから、まず「詳細オプションを表示」をクリックします。

「詳細オプションを表示」にプロパティ作成の選択肢があるよ

STEP
ユニバーサルアナリティクスプロパティ(UA)を作成する

詳細オプションには「UAのみ作成」或いは「UAとGA4の両方を作成」という選択があります。

ここではGA4は既にあるので「UAのみ作成」にチェックを入れます。

ユニバーサルアナリティクスプロパティ(UA)を作成する

初めての場合は「両方作成」した方が後が楽かもね

「次へ」をクリック

STEP
トラッキングコードが表示される
トラッキングコードをコピーする

図のようにトラッキングコードが記載された画面になります。

アナリティクスを初めて設定する場合は、このトラッキングコードを丸ごとheader.phpの<head>内の要素として貼り付けます。

ただし本件ではGA4の設定時に既に貼り付けをしているので、ここでは ” config ” の行だけ(1行)をコピペすればUAが追加されたことになります。

STEP
WordPressテーマのheader.php <head>内に貼り付ける

下図はheader.phpに貼り付けた状況です。Googleアナリティクス4と追加されたユニバーサルアナリティクスが仲良く並んでいますね。

header.phpに貼り付けたトラッキングコード
G-□はアナリティクス4、UA-□はユニバーサルアナリティクス

新規の場合は丸ごと貼り付けなんだけど、ここは追加の1行だけでいいんだ

STEP
しばらくするとデータが反映される

見慣れた画面です。数分ほどでこのようにデータが反映されます。

データ反映

新規導入でGA4のみが作成されてしまい、その後UAを追加した際の手順メモをご紹介しました。
逆にUAにGA4を追加する或いは両方作成する場合も流れは同じです。

(終わり)

Page Top